DiviのGlobal Defaults(グローバル初期設定)

Diviグローバル初期設定

こんにちはナオミです。
先日Diviに新機能『Global Defaults』が追加されました。
日本語で言うと、グローバルの初期設定でしょうか。
これが何なのかを関節に言いますと、

『サイト全体のDiviのモジュールの初期設定を、ビルダーから変換できるようになった』

まだちょっとしっくり来ないかもしれませんね。
でもきっと説明を見たらしっくり来ると思います。
この記事では、Global Defaultsの使い方と、その目的を説明していきます。
まずは初期設定について説明します。

初期設定とは何か?

テキストモジュール初期設定

テキストモジュールを挿入すると、このように最初から設定されてる値がありますよね。
例えば、文字サイズは14pxです。
これが初期設定です。
Global Defaultsではこの値を変換することができるんです。

どうして変える必要があるのか?

例えば、サイト全体で文字のサイズを14pxではなく、16pxにしたい時通常ならCSSを書くしかありません
ですが、Global Defaultsでテキストモジュールの文字のサイズを16pxに変換してしまえば、テキストモジュールのテキストは個々で変換しない限り16pxになるんです。便利ですよ。

Global Defaultsの使い方

まずはビジュアルビルダーを起動し、モジュールを何でもいいので挿入してみてください。

Global Defautlsのアイコン

右の上の方に地球のアイコンの突起がありますよね。
これをクリックします。

Global-Defautlsの設定画面
上の部分が黒っぽい灰色なのが特徴

そうすると、この画面が出てきます。
これがテキストモジュールの初期設定の画面です。

実際に変えてみる

テキストモジュールの文字サイズ変換
グローバルの初期設定で文字サイズ変換

このようにGlobal Defaultsの画面にも、通常のモジュールと同じようにそのモジュールの設定があります。
ここで何か変えてみましょう。
この画像では、テキストモジュールの文字サイズの初期値である14pxを16pxに変換しました。
変換したら保存しましょう。

そして次に、新しいテキストモジュールを挿入してみます。

テキストモジュールの文字サイズの初期値変換
初期値が14pxから16pxに

するとこのように、Global Defaultsで設定した16pxがモジュールの初期設定になっています。
基本的にはこれだけです。


Global Defaultsがあればサイト全体のスタイルのデザインも楽に出来そうですね。
試してみましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です